「夢の旅人」 永遠の旅に誘われかけて……。

s-作品DSCN0682

s-作品DSCN0685

膵管が腫れているので、膵臓がんの疑いがあるとの事で、日赤で精密検査をしました。
検査を待っているあいだの不安を克服するつもりで書いたものです。

検査の結果、癌ではなく、膵管が腫れている原因は今のところ判らないそうです。
経過観察と言う事で、一応ほっとしました。

年をとると、次々と悪い所が現れて、脅かされますが、「何時、旅立ってもいい。」と言う覚悟はとても難しく、其の度に人知れず悩むものです。

何枚か書いた中で、これが一番神経の悩みや落ち込みが見えず、もさっとしています。
集中できたのか、諦めか?怪しいものですが……。

山梨一宮の桃の大きさにビックリ!

s-DSCN0670.jpg

s-DSCN0673.jpg

高原の暑さは、からりとした気分のいい暑さなのに、今年は何故か湿度が高めの暑い日が続きます。
「高原なのになんだか変ね。」と言いながら、昼ごろからクーラーのお世話になっています。
西日本の方々の水害後の高温に苦しまれるお姿を拝見すると、いくら病気持ちの末期高齢者でも、贅沢言ってはいけないと反省しながら、でも辛くて横になってばかりいました。
果物の香りがすると、急に元気を出して写真を撮り出したので、「まったく現金なのだから…。」と家の者があきれています。

食べる1時間ほど前に冷やすようにと書いてあるので、早速冷蔵庫に入れました。
冷えるのが楽しみですが、ぼんやり待っているあいだにふと思ったのは、最近の地球規模の気候の変動の激しさと、自然の偉大さ、それを壊して生きている我々人間の愚かさにきずきながら、何も出来ない何もしていない自分の虚しさに、打ちのめされている姿です。
冷たく甘い果物の味と香りは、衰えた私の大切な救いのような気がします。 自然の恵みに感謝しなければ……。

完熟メロンの香り。

s-DSCN0655.jpg

「ぜひ今日食べてください!」と言うメロンが届きました。
明けてみると、部屋中に甘い香りが漂い、完熟度がわかります。
とろけるような美味しいメロンでした。
なるほど、「今日食べて下さい。」と言われた意味が良く分かります。

果物の完熟度って、甘さと香りと、舌触りで良く分かりますが、ふと、人間の完熟度は何ではかるのかな?と思いました。
完熟したらあとは腐って死ぬだけか? 中塾ぐらいがいいな、等と・・・。

とろけるような甘い香りは、心を緩ませ幸せにしてくれます。

「しあわせの牛乳」・牛も幸せ!俺も幸せ! 佐藤慧

s-DSCN0647.jpg

清野さんの甥御さんが本を出されたと聞いて、早速1冊買ってきました。

岩手県の岩泉町にある「中ほら牧場」は、1年を通して牛が山で放牧されている日本でも珍しい牧場です。
牛たちは自然の草を食べ、山でうんちをし、そのうんちを栄養にして草が育つ。
牛と山と人が共に生きる環境があります。
牧場長の中洞正さんは、なぜこんな牧場をつくったのでしょうか。

散々苦労をされた中堂さんの牛乳を飲んだ方は、
「こんなにおいしい牛乳は初めて!」
「ああ、懐かしい。昔飲んでた牛乳の味がする」
と驚かれるそうです。

とても感動する、良いご本でした。 「幸せの牛乳」を飲むと、きっと幸せになれるような気がします。

小さなお寿司屋さん・那須のなすべえ

sなすべえDSCN0628

sなすべえDSCN0645

sなすべえDSCN0643

sなすべえDSCN0641

sなすべえDSCN0630

sなすべえDSCN0634

我が家のすぐ近くに、三角屋根の一見普通の住宅で、「小さなすし屋」と言う看板を掛けたお寿司屋さんがあります。
関根さんのお勧めで、高原の風書院の皆さんと会食した時、とても美味しかったので、また行って来ました。

こじんまりと整った素敵なお店で、仲の良さそうなご夫婦がお二人だけで楽しそうに働いておられます。
とても静かで,くつろぎながらお食事が楽しめる素敵な雰囲気です。

お料理もおいしく、小ぶりなにぎりの種類も多く、女性に評判がいいらしく今日も女性のお客様の予約で、満席でした。

   小さなすし屋 なすべえ (0287-63-6369)
    不定休 仕入れの状況により休みがまちまちです。すみません。

 と書いてありました。  いかにも那須高原らしく微笑ましい感じでした。
    


プロフィール

田中香渚

Author:田中香渚
ホームページ 高原の風書院
http://kazeshoin.la.coocan.jp/

書道家。
1955年(昭和30年)故・桑原翠邦氏(東宮御所書道御進講)に師事。
古典を学び、書の正統性を確立したうえで現代文の書や金文(甲骨文字)の世界を展開。
最近は陶額を自作し、「書と陶の融合」を試みるなど、新しい書の表現を試みています。
見る人の心を癒し、安らぎと生きる喜びを感じていただける書でありたいと願っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR